勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る

努力しなよ

勝負事で
本当に楽しむ為には強さが要る

『ハイキュー』

努力が苦しくなってきた人へ。

人がなにかの分野に憧れを見出すとき、その人は成功者にあこがれている。


子供が野球選手に憧れるとき、彼はイチローに憧れているのであって、テレビに映らない3軍の選手に憧れているのではない。(そもそも3軍の存在を知らないかもしれない)
YouTuberに憧れる小学生はヒカキンやはじめしゃちょーを見ていて、1年間やっても再生数が二桁のYouTuberは見ていない。

でも、いざ戦ってみて気づく。
自分はヒカキンではないことに。
苦しい、つまらない。だから辞めてしまう。

つまり、

「勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る」

これは戒めの言葉。厳しい言葉なのだ。
しかし、嘘偽りのない真実の言葉なのだと、思います。

と同時に、
「この努力を乗り越えた先に、本当の楽しみがある」
という、励ましでもあると思います。

ちなみに…

ご存知の通りというか、イチローもヒカキンも、当然努力や苦労はしているはずですので、つまりこの言葉は「見上げる側の言葉」なのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました