第一に、「やさしい育て方」と「厳しい育て方」は、どちらか一方しか選択できないようなものではない。

努力できる子

第一に、「やさしい育て方」と「厳しい育て方」は、どちらか一方しか選択できないようなものではない。

GRIT やり抜く力 - 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

数年前、電車内広告で目を引いた『GRIT やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』という、いやー、いかにも意識の高そうな書籍ですが、書いてあったことはためになりました。そして、著者が二児の母ということもあってか「子育て」の内容に紙幅が割かれていました。

つまりは、「子どもを「やり抜く力の強い子」に育てるには、どうすればよいか」ということです。

どんな子育てがいいか「一目瞭然」の研究結果

として、子育てのおすすめが紹介されていますが、とくに僕にとってわかりやすく印象に残ったのは、次の部分です。

どちらの家庭も、子どもの興味を第一に考えるという意味においては「子ども中心」だったと言えるが、「なにをすべきか」「どれくらい努力すべきか」「いつならやめてもよいか」など重要なことは、必ずしも子どもに判断を任せなかった。

つまり、ピアノでも、野球でも、絵かきでも、子どもが「やりたい」と思っていることをやらせるし、それに対する支援も惜しまない。しかし、ひとたびそれをやらせたならば、「この練習をやりなさい」「一日2時間はやりなさい」「2年間は必ず続けなさい」といったように、しっかりと努力を続けることについては、親は毅然として接する、というのが僕の解釈です。

ちなみにもちろん、子どもにも向き不向きがあるので、一度始めたことを永遠にやらせよ、というわけではない。

その期間としては、「最低2年間は続けさせる」と、この本ではおすすめされていました。

さらに、思ったこと。

この本で書かれていること、もちろん自分の人生にも適用できる内容でした。ですが、もちろんそれはかんたんではない。覚悟を決める必要があります。でも、自分はやらないくせに自分の子どもにはこれをやらせようと気軽に思えてしまう時点で、親のおごりのようなものが自分の中にあるのだと発見した、そんな経験でもありました……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました