中1の時にたまたま理想的な射ができて 以来ずっと同じ動きをしてるだけ

「どうしてかぐや様はそんなに上手なんですか?」

「上手というと違うかもしれませんね。
 
 中1のときにたまたま理想的な射ができて
 以来ずっと
 同じ動きをしてるだけ

 中るのはただの結果」

『かぐや様は告らせたい』 – 赤坂アカ

弓の名手であるヒロインの言葉。「中る」は「あたる」と読む。

これ自体は、『かぐや様は告らせたい』のメインストーリーとは大きく係らない、「ヒロインの超越性」を示すためのセリフだけど、読んでいて「あ、そうだよな…」と思った。

もしかしたら、「成功体験」と近い言葉なのかもしれない。

言語化できない。だが反復可能である

とにかく数を射つ。
どれかが当たる。
当たった感覚を繰り返す。

僕はバスケットボールの経験があるのですが、最も基本といえるレイアップシュートは、身についた時、まさにこの感覚でした。このタイミングで踏み切って、このように腕をあげ、ボールをこのタイミングでリリースする、という風に言語化して体得したのではなく、「体がこの感覚を覚えれば入る」といった、極めて非言語的な体得でした。ですが、以来右からのレイアップシュートは絶対に外れなくなりました。

あるいは、多くのみなさんの共通体験として「自転車」が挙げられるかもしれません。
自転車の乗り方、バランスのとり方を言語化して覚えている人はいないでしょう。
でも、これからずっと、自転車を乗ることに成功し続ける。

とくにスポーツや手品などの身体的な動作に多いかもしれないですね。
もちろん、弓道のような繊細な技術でこれを為しているのは、漫画に描かれた超絶ヒロインならではのものだと思いますが……。

理想的な射を待つ「反復」もある

何かを反復練習する時、小さな改善を繰り返して「徐々に上達する」というものも確かにあると思うけれど、できる/できないのゼロサムの成果に関しては、成功するまで成長を感じられないものです。

それでも反復を続けられるかどうか。

そんなときかぐや様を思い出して、「今は”理想的な射”を待っている段階」なのだと自分に言い聞かせることができれば、まだ気は楽かもしれません。

始めた当初は永遠にできないと思えるようなことも、ある時急に成功したりする。

理想的な射を待つ反復練習もあるのだと理解しておくだけで、努力が少し上手になるかもしれませんね。

Amazon.co.jp: かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~を観る | Prime Video
家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?恋愛は成就するまでが楽しい!!新...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました